Suika2でスクリプトを作成する準備

準備

ここではWindowsを使います。

まずはじめに、 ダウンロード したSuika2のZIPファイルを展開すると、下記のようなフォルダとファイルが作成されます。

これは、Suika2の実行ファイルとサンプルゲームが一緒になったものです。

  • suika2/
    • bg/ 背景画像を格納するフォルダです
    • bgm/ BGMを格納するフォルダです
    • cg/ メッセージボックス等のシステム画像を格納するフォルダです
    • ch/ キャラクタ画像を格納するフォルダです
    • conf/ 設定ファイルを格納するフォルダです
    • cv/ ボイスを格納するフォルダです
    • font/ フォントを格納するフォルダです
    • sav/ セーブデータを格納するフォルダです
    • se/ 効果音を格納するフォルダです
    • tool/ ファイルをパッケージにまとめるツールのフォルダです
    • txt/ スクリプトを格納するフォルダです
    • suika.exe Windows用アプリです

このサンプルゲームに変更を加えてチュートリアルを進めていきます。

まだサンプルゲームをプレイしていなければ、イメージをつかむために、一度 suika.exe を実行してプレイしてみてください。

スクリプトを開く

サンプルゲームのフォルダ構成を確認していただいたところで、次に移ります。

txt フォルダを開くと、 init.txt というファイルがあります。

このファイルが、ゲームの起動後、最初に読み込まれるスクリプト(Suika2への指示書)です。

init.txt をダブルクリックして開いていただければ、ただの文字の並び(テキストファイル)であることがわかるはずです。

好きなテキストエディタを使おう

init.txt をダブルクリックすると開くのは、Windows標準のメモ帳というアプリです。

メモ帳以外にも便利なテキストエディタがたくさんあります。

テキストエディタの選択次第で作業効率が大きく変わりますよ。

←前へ  次へ→