Suika2で素材ファイルをパッケージにまとめて見えなくする方法

ファイルを1つのパッケージにする

ほとんどの方がそうだと思いますが、素材ファイルがそのまま見えてしまうのが嫌だという場合、すべてのファイルをパッケージ(1つのファイル)にまとめることができます。

この場合、 suika.exe ではなく、 suika-pro.exe を使います。

suika.exe の代わりに suika-pro.exe を開いて、 メニューの「ファイル」から「パッケージをエクスポートする」を選択します。

すると、パッケージファイル data01.arc ができあがります。

配布ファイルには、suika.exedata01.arc の2点があれば動作します。

そのほかの bg, bgm, cg, ch, conf, cv, font, se, txt のフォルダは、配布ファイルに含める必要はありません。

なお、パッケージとふつうのファイルの両方がある場合、ふつうのファイルが優先的に利用されます。

また、 suika-pro.exe ではパッケージ内のファイルを使うことができません。

←前へ  次へ→