Suika2 Pro for Creators

Suika2 Pro for Creators とは

Suika2 Pro for Creators は Suika2 の姉妹アプリケーションで、1行ずつ確認しながら実行できる「ビジュアルデバッガー」、素材を1つのファイルにまとめる「パッケージャー」を含む、ゲーム開発者にやさしい環境です。 Suika2 Pro for Creators は Suika2 のフォルダから実行するだけでよく、特段のセットアップを必要としません。

インストール

Pro はクリックして実行するだけの形式になっており、Suika2 のメインのアプリと一緒に配布されています。

Windows

  • ZIPファイルを ダウンロード します。
  • ZIPファイルを展開し、フォルダ suika2 を開きます。
  • suika-pro.exe を実行します。

macOS

  • ZIPファイルを ダウンロード します。
  • ZIPファイルを展開し、フォルダ suika2 を開きます。
  • mac-pro.dmg を開きます。
  • Suika2 Pro for Creators アプリを suika2 フォルダにコピーします。(アプリケーションフォルダにコピーしないでください)
  • suika2 フォルダの中で、Suika2 Pro for Creators を実行します。

Usage

Suika2 Pro for Creators はたくさんのユーザインタフェース要素を持っており、それぞれが特定の機能を持っています。

続ける、次へ、停止

これらのボタンは直感的で、「続ける」はゲームを開始し、「次へ」は1つだけコマンドを実行し、「停止」は実行中のスクリプトを停止します。

スクリプトファイル

複数のスクリプトファイルを活用したいゲーム開発者は、このフィールドを利用できます。

現在実行中の行番号

「スクリプトファイル」セクションと同様に、「現在実行中の行番号」では実行される行を表示・変更できます。

現在実行中のコマンド

「現在実行中の行番号」と同様に、実行されているコマンドが表示されます。

スクリプトの内容

このセクションはスクリプト全体を表示します。 行をダブルクリックすることで、その行に実行位置を移すことができます。

変数 (初期値でない)

このセクションには、値が初期値(0)から変更された変数と、Suika2 Pro for Creatorsが起動した以降に値が変更された変数の内容が表示されます。 このセクションの変数の内容を書き換えて「値を書き込む」ボタンを押すと、変数の値を変更できます。

Export

Suika2 Pro for Creators は、素材を1つのファイルにまとめた data01.arc を作成する機能を持ちます。 パッケージを作成するには、メニューの「ファイル」→「パッケージをエクスポートする」を選択します。

注意: エクスポートされたパッケージには mov/ フォルダが含まれませんので、ゲームフォルダに入れて配布してください。

Suika2 Pro for Creators は Linux では利用できませんが、代わりに、次の操作でパッケージをエクスポートできます。 (この操作はmacOSやWSL2でも利用できます。)

cd build/pack
make
cp pack ../../game-en/
cd ../../game-en/
./pack
←GUIの作り方  多言語化→